阿波蜻蛉

阿波踊りの国(徳島県)出身の勝虫による蜻蛉観察日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

親父とマダラヤンマ

親父がマダラヤンマを見たいということで、長野の産地へ。
今がピークのようで、今年もたくさん飛んでました。
交尾態も近くで観察でき、親父も満足した模様。
ただ、適当に立ち寄った店の信州そばにはちょっと不満げでした。

P9121323.jpg
S池と親父

♂縄張り20150912長野県上田市
マダラヤンマ Aeshna mixta soneharai♂
NikonD700+Ai AF-S Nikkor ED 300mm F4D

♂縄張り20150921長野県上田市No2
マダラヤンマ Aeshna mixta soneharai♂
NikonD700+Ai AF-S Nikkor ED 300mm F4D(トリミングあり)

♂20150921長野県上田市No3
マダラヤンマ Aeshna mixta soneharai♂
NikonD700+Ai AF-S Nikkor ED 300mm F4D

♂20150921長野県上田市
マダラヤンマ Aeshna mixta soneharai♂
NikonD700+Ai AF-S Nikkor ED 300mm F4D

交尾20150912長野県上田市No3
マダラヤンマ Aeshna mixta soneharai交尾
NikonD700+Ai AF-S Nikkor ED 300mm F4D
スポンサーサイト
  1. 2015/09/12(土) 21:50:23|
  2. 県内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

まずはオオトラフ

さらに4時間ほどかけて移動(半日で東京大阪間と同じ距離を走行、何やってんだか…)。
あそことはそう、私の中でのトンボの聖地、柏崎。行くまではそれなりに時間はかかりますが、一度来ちゃえば、各種の個体数が半端ないので被写体には困りません(一応、金曜日を休みにしたため、3連休となるわけですから思いきって移動してみました)。
前回、カラカネトンボやアオヤンマなどの羽化を撮影してから2週間、それぞれいい感じに生殖活動をしているのではと期待し、まずはオオトラフやカラカネトンボが生息する高地の池に行ってみました。

高地の池
高地の池

この池は4年前の丁度、同じ時期に来ていますが、その時は採集が目的だったのでオオトラフの産卵シーンぐらいしか写真は撮れていませんでした。今回はオオトラフの飛翔写真狙い。
オオトラフトンボ♂縄張り
オオトラフトンボ Epitheca bimaculata sibirica♂縄張り
NikonD700+Ai AF-S Nikkor ED 300mm F4D

オオトラフトンボ♂縄張り
オオトラフトンボ Epitheca bimaculata sibirica♂縄張り
NikonD700+Ai AF-S Nikkor ED 300mm F4D

本種はトラフトンボとは異なり、殆どホバリングをしない上、比較的池の中央付近を飛翔します。それでも、風を受け若干、静止状態になったところを狙って少しは撮影が出来ました。出現状況としては、4年前に比べると若干遅れているようで、周囲の湿地の上で未熟個体が数頭、摂食飛翔しており産卵は1回、卵塊をうみ落とそうとし飛び回る個体を見たのみでした。

オオトラフとは異なり、良くホバリングをしてくれたカラカネトンボ。
カラカネトンボ♂縄張り
カラカネトンボ Cordulia aenea amurensis♂縄張り
NikonD700+Ai AF-S Nikkor ED 300mm F4D

こちらは、ピークのようで池岸に多数の♂がひしめき合って♀が産卵にくると一瞬で近くの♂が追尾し、交尾態になるのですが、近くにはとまってくれず樹林上にばかり飛んでいくので写真は撮れませんでした。

その他には高地ならではのエゾイトトンボやオゼイトトンボなども繁殖活動が始まり、各種入り乱れた状態で楽しく過ごすことができました。
早くも移動した甲斐があったと思った瞬間でした。
  1. 2013/05/31(金) 21:40:50|
  2. 県内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

関東のトンボ(久し振りの更新)

約1年半振りの更新です。
現在は、徳島ではなく、埼玉である環境保護団体に勤めています。
まあ、いろいろ慣れない部分も多いですが、なんとかやっております。
というわけで、こっち(関東)に来て初めて見たトンボを紹介します。
アオハダトンボ♂
アオハダトンボ♂


奇麗ですね~、ハグロトンボは全然違います(笑)。

ヒヌマイトトンボ♂
ヒヌマイトトンボ♂

徳島でも結構探したトンボです。初めて見た時は感動しました。

モノサシトンボ連結産卵
オオモノサシトンボ連結産卵

結構、地味なトンボでモノサシトンボとほとんど変わらないんですけどね。

コフキトンボ♀(オビ型)
コフキトンボ♀(オビ型)

あと、気になったのが、コレ、関東では結構いました。


まあ、これからたまには更新していきたいと思います。
  1. 2009/04/30(木) 17:49:15|
  2. 県内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

もう10月ですね。
アカトンボのシーズンです。この日は徳島で少しナニワトンボを探して香川にオオキトンボを見に行きました。

まあ、ナニワトンボはいなかったですね。今回は大阪峠周辺を探しましたが没。もはやいる気がしねぇ~。

という事で早めにオオキトンボに切り替えました。
オオキトンボ♂
オオキトンボ♂

オオキトンボは結構見る事が出来ました。連結産卵も10組ほど見かけたと思います。まだ10月上旬なので若くて綺麗な個体が多かったです。

あと、昨年、コバネアオイトトンボを見た池で今年もなんとか2♀を見る事ができました。けど、かなりギリギリな状態って感じです。
コバネアオイトトンボ♀
コバネアオイトトンボ♀

あと香川では絶滅危惧Ⅱ類になっているアジアイトも今日はちょくちょく目につきました。

香川県さぬき市
アオモンイトトンボ、アジアイトトンボ、コバネアオイトトンボ、シオカラトンボ、チョウトンボ、マユタテアカネ、マイコアカネ、リスアカネ、アキアカネ、ナツアカネ、ノシメトンボ、オオキトンボ、ミヤマアカネ、ネキトンボ、ショウジョウトンボ、ウスバキトンボ、タイリクアカネ、ギンヤンマ、ウチワヤンマ

その後はちょっとカトリヤンマに用事があったので例年見に行っている場所に行ってきました。
カトリヤンマ産卵
カトリヤンマ産卵

今年もいっぱい産卵していました。っていうかこんなにいるのになんで羽化を見に行ったときは1匹も見つからなかったんだろ?わけわからん。
まあ、でもこの日は久しぶりに♂も採集できたので良かったです。

徳島県川島町塚池周辺
アオモンイトトンボ、シオカラトンボ、ミヤマアカネ、アキアカネ、ギンヤンマ、カトリヤンマ、


  1. 2007/10/07(日) 00:35:02|
  2. 県内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

なんとなく

ナゴヤサナエ♂

ナゴヤサナエ~
  1. 2007/09/09(日) 07:04:55|
  2. 県内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。