阿波蜻蛉

阿波踊りの国(徳島県)出身の勝虫による蜻蛉観察日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

収穫あり

昨日、一昨日と香川に行っていたので今日は県内の観察である。以前、教授から6月中旬までに福井川と桑野川のデータがほしいと言われたのでまたまた阿南市に行くことに。

途中、モートンイトが出ていないか那賀川町の水田地帯に寄ったが今回も見つけることが出来なかった。時期的にはもう出ているはずだと思うのだが、う~ん、このあたりは周りは全部水田なので、この付近の水田から発生していると思うのでが、もともとの数がやはり少ないのだろうか?一応セスジイトはちらほら見ることが出来た。

で、阿南市畭町の溜池にも寄ってみるとここでは意外なことにアオヤンマが数頭摂食飛翔していた。そのほか、アオモンイトトンボ、クロイトトンボ、モノサシトンボ、シオカラトンボ、コフキトンボ、コシアキトンボ、ウスバキトンボ、ギンヤンマを見た。
アオヤンマ♂
アオヤンマ♂ 池をバックに撮ればよかった。

その後は、桑野川沿いを見て回った。

 阿南市長生町大原、桑野川沿いの湿地
サラサヤンマ、コオニヤンマ、ヤマサナエ、ハラビロトンボ、シオヤトンボ、シオカラトンボ、ウスバキトンボ、クロイトトンボ

 阿南市長生町段、桑野川の流れが分岐している地点
阿南市長生町段、桑野川の流れが分岐している地点
サラサヤンマ1♀、コヤマトンボ、トラフトンボ、シオカラトンボ、ハラビロトンボ、ショウジョウトンボ、ウスバキトンボ、アオモンイトトンボ、クロイトトンボ、セスジイトトンボ

トラフトンボ♀産卵
トラフトンボ♀産卵

 阿南市長生町、桑野川本流
クロイトトンボ、セスジイトトンボ、アオサナエ、ホンサナエ2♂
セスジイトトンボ連結産卵
セスジイトトンボ連結産卵
ホンサナエ♂
ホンサナエ♂
スポンサーサイト
  1. 2006/05/31(水) 22:49:07|
  2. トンボ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1000

コフキヒメイト出現

今日は、去年、卒業論文で作ったトンボのポテンシャルマップを基に、県南のホットスポットをみんなで回ろうというK田先生の提案で研究室の人達と桑野川流域~新野周辺~牟岐~海陽町四方原を回った。基本的にその場所がどういう環境なのかという事を見て回るのが目的なので調査ではなく下見みたいな感じなのだが、牟岐の某休耕田で少しトンボを見る事が出来た。

コフキヒメイトがそろそろ出てきてもいい時期だと思い探したのだがなかなか見つからず、研究室の子に特徴を言って探すのを手伝ってもらうと、その後すぐにK上君が「これじゃないですかー?」とあっさり♀を見つけた。
コフキヒメイトトンボ♀未熟
コフキヒメイトトンボ♀未熟

あまりにもあっさり見つけられたのでトンボ屋(?)としての面目を守るため意地になって探すとなんとか♂を見つけることが出来た。
コフキヒメイトトンボ♂未熟
コフキヒメイトトンボ♂未熟

が、なぜか教授は僕より先に見つけたかったのか少しくやしそうにしているように見えた。

あと、オオイトも前来たときよりは少し増えたような気がした。どうも沼の水面の開けた場所に多いようである。
オオイトトンボ♂
オオイトトンボ♂

その後、休耕田の裏に回ってみると案の定サラサヤンマが数頭パトロールをしており、ネアカヨシの羽化殻も1つだけだが見つけることが出来た。

ちなみに、K上君はその後、トカゲや水中のヤゴを素手で捕まえるなどそのポテンシャルの高さを如何なく発揮していた。
  1. 2006/05/25(木) 01:16:59|
  2. トンボ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

微妙~

昨日、アオヤンマが見れなかったのが心残りで今日は阿南の蒲生田周辺の調整池に行ってみた。天気予報では快晴のはずだったのだが、微妙に晴れたり、曇たっりでその上風が強かったのでトンボ類は少なく、残念ながらヤンマ類は何も見れなかった。で、その後どこに行こうか迷ったのだが先週、阿南の溜池周りをしたので今日は川を中心に見てまわる事にして、とりあえず福井川と周辺の水路を見てまわった。なんかキイロサナエとかいろいろいそうな雰囲気だったがサナエは何も見れずシオヤトンボとクロイトトンボを見ただけだった。(というかクロイトはほんとどこにでもいるなあ)。でその次は桑野川を見てみたのだが、これまた没。仕方なく帰りにひょうたん池に寄ってみたがその時にはもう完全に曇り状態でトンボもあまり見ることが出来なかった。微妙~(-_-;)

とりあえず結果

 阿南市蒲生田
シオカラトンボ、ハラビロトンボ、ヨツボシトンボ、ショウジョウトンボ、ウスバキトンボ、フタスジサナエ、アオモンイトトンボ、クロイトトンボ。
アオモンイトトンボ♀未熟
アオモンイトトンボ♀未熟

 阿南市福井町山下、福井川と周辺の水路
クロイトトンボ、シオヤトンボ、ウスバキトンボ

 阿南市長生町段、桑野川の流れが分岐している地点
トラフトンボ、シオカラトンボ、アオモンイトトンボ、クロイトトンボ、セスジイトトンボ
セスジイトトンボ♂
セスジイトトンボ♂

 阿南市長生町大原、桑野川沿いの湿地
シオカラトンボ、シオヤトンボ、ハラビロトンボ、クロイトトンボ

 阿南市石門、ひょうたん池
アオモンイトトンボ、クロイトトンボ、シオカラトンボ、ウスバキトンボ、トラフトンボ、クロスジギンヤンマ




  1. 2006/05/22(月) 01:32:57|
  2. トンボ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

N岡さん来徳

今日は高知のぶり達人、N岡さんが徳島に来られた。本当はゴールデンウィークの頃に来られるはずだったのだが、5月は天気が悪い日が多くどんどん延期となり今日になった。

クロサナエ、ヒメクロサナエの写真が撮りたいとの事だったので、佐那河内の嵯峨川へ。車を降りて少し歩くとさっそくクロサナエの未熟が何頭か止まっていた。
クロサナエ♀
クロサナエ♀
カワトンボ♂
カワトンボ♂

ヒメクロサナエはもう少し上流部なのだが、車で上に上がるのが不安だったので、場所をかえてネイチャーセンター裏を流れる川に行ってみた。が、これが失敗でヒメクロどころかカワトンボすら見ることが出来なかった。

引き続きヒメクロを探しても良かったのだが、せっかく徳島に来られているということでフタスジサナエとホンサナエの写真を撮りにいくことに。フタスジサナエは佐那河内の溜池で、ホンサナエは3日前見た場所でそれぞれ見ることが出来た。
ホンサナエ♂
ホンサナエ♂

その後、鳴門の櫻鯛が食べたいとの事だったのでついでにアオヤンマを
狙って何ヵ所か溜池をまわったが、これは空振りに終わった。


  1. 2006/05/21(日) 23:39:11|
  2. トンボ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

梅雨入り?

というか最近雨が多すぎる。週間天気を見ても雨ばっかりである。今日も天気が悪かったが、とりあえず近場の夫婦池に行ってみた。サラサヤンマが見れるかな?と少し期待していたのだが、やはり天気が悪いためかヤンマではギンヤンマ1♀が摂食飛翔をしているのを見ただけだった。そのほか休耕田では、シオヤトンボ、シオカラトンボ、ハラビロトンボをちらほら見かけた。
ハラビロトンボ♂未熟
ハラビロトンボ♂未熟
ハラビロトンボ♂成熟
ハラビロトンボ♂成熟

あと、池のほうでは久しぶりにアジアイトトンボを見ることが出来た。
アジアイトトンボ♀
アジアイトトンボ♀


その後、園瀬川に少し寄ってみたらホンサナエ2♂、ヤマサナエ、ショウジョウトンボを見ることが出来た。
ホンサナエ♂
ホンサナエ♂
  1. 2006/05/18(木) 23:08:44|
  2. 県内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トラフ天国

今日は、阿南市を回ってみた。
途中、那賀川町の去年モートンイトトンボを見た田んぼに寄ってみたがまだ田植えをしたばかりらしくウスバキトンボをちょっと見ただけだった。

その後、桑野川周辺の溜池を数ヶ所回ってみたが、感じのよさそうな池が結構あった。基本的にこのあたりの溜池はまだブラックバスの影響が少ないようでトンボの個体数は多かった。特にトラフトンボの好きそうなヒシや多少の抽水植物が茂る池が多いのでどの池もトラフがうじゃうじゃいて交尾も10組以上見ることが出来た。が、数が多すぎて交尾をほどいていざ卵塊をつくろうとした瞬間、また別の♂に連れていかれるというケースもしばしば見た。

以下今日の結果。

 那賀川町手島、田園地帯
ウスバキトンボ
 
 阿南市畭町、溜池
トラフトンボ、シオカラトンボ、クロイトトンボ

 阿南市長生町大原
トラフトンボ、クロイトトンボ、ウスバキトンボ

 阿南市長生町段、桑野川の流れが分岐している地点
トラフトンボ、シオカラトンボ、ウスバキトンボ、アオモンイトトンボ、クロイトトンボ、ヤマサナエ
クロイトトンボ交尾

 
 阿南市山口町内田、運動公園(造成中)内の池
アオモンイトトンボ、シオカラトンボ、ウスバキトンボ、ギンヤンマ
 
 阿南市山口町西重友、溜池
トラフトンボ、ヨツボシトンボ、シオヤトンボ、ウスバキトンボ、フタスジサナエ、ヤマサナエ、クロスジギンヤンマ、アオモンイトトンボ、クロイトトンボ
阿南市山口町西重友、溜池

ヨツボシトンボ

ヤマサナエ


 阿南市新野町広重、溜池群
トラフトンボ、シオヤトンボ、シオカラトンボ、ショウジョウトンボ、フタスジサナエ、クロスジギンヤンマ、アオモンイトトンボ、クロイトトンボ






 


 

 

 

 
 
 
 



  1. 2006/05/14(日) 23:42:02|
  2. トンボ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

さぬきうどん

 今日は香川(東かがわ市、さぬき市)に行ってみた。かなりあちこち回ったのでけっこう疲れた。
とりあえず、結果報告。
 東かがわ市伊座、中央公園のビオトープ池
フタスジサナエ、シオカラトンボ、ショウジョウトンボ未熟、ウスバキトンボ、ホソミオツネントンボ、オツネントンボ、アオモンイトトンボ
フタスジサナエ


 東かがわ市伊座、溜池群
トラフトンボ、クロイトトンボ、クロスジギンヤンマ、ギンヤンマ、フタスジサナエ、シオヤトンボ

 さぬき市田辺町、道路沿いの池
ヨツボシトンボ、トラフトンボ、シオカラトンボ、フタスジサナエ、アオモンイトトンボ、クロイトトンボ
ヨツボシトンボ


 さぬき市寒川町石田東、小さな流れ
ダビドサナエ、ニシカワトンボ、シオヤトンボ

 さぬき市寒川町石田西、溜池群
トラフトンボ、シオヤトンボ、シオカラトンボ、ウスバキトンボ、ギンヤンマ、アオモンイトトンボ、クロイトトンボ、オツネントンボ、モノサシトンボ1羽化

 あと、さぬきうどんがうまかった(と言ってもはなまるうどん)。
  1. 2006/05/12(金) 14:13:24|
  2. トンボ
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

県南遠征

 今年初めての県南である。県南といえば去年けっこうトンボの熱い場所であった。しかし、春はあまり調査してなかったので期待して行ってみることに。
 
 まず、最初に向かったのが去年、研究室の人から教えてもらった溜池。9月に初めて行った時には県内では珍しいヒツジグサと言う浮葉植物がたくさんあり、水もきれいだった事からもっと早くこればオオイトトンボがいるのでは?と思ったものであるが、まだ時期が早いのか浮葉植物は見られず春の定番トンボであるホソミオツネントンボ、シオヤトンボ、クロスジギンヤンマ、ニシカワトンボを見ただけであった。
ホソミオツネントンボ産卵
ホソミオツネントンボ連結産卵

 で、次に向かったのが去年ネアカやコフキヒメイトが見つかった休耕田。しかし、少し異変があり休耕田だった場所が少し田んぼに変わっていた。今年のネアカの発生が少し心配である。一応、奥の沼の部分はそのままだったのでコフキヒメイトに直接影響はないと思うが、まっ、気をとり直して調査することに。だいたい予想していたトンボが見られ、ヨツボシ、シオヤ、ハラビロがうじゃうじゃいた。あとトラフ、クロギン、フタスジも少しいた。
ヨツボシトンボ♂
ヨツボシトンボ♂
シオヤトンボ♂
シオヤトンボ♂
 
 あと、ここで意外なことにオオイトトンボを見つけることができた。実は去年の夏にもそれらしいのを1頭だけ見ているのだが、その時はすぐ見失った上、徳島県(四国全体も含めて)の生息状況や生息環境等を考えるとムスジイトトンボだろうと勝手に決めていたのである。が、また今日それらしいのをちらっと見て、時期などを考えるとオオイトの可能性が高いと思い、つかまえて確認するとやはりオオイトであった。
オオイトトンボ♂
オオイトトンボ♂
オオイトトンボ♂
オオイトトンボ♂
オオイトトンボ♂
オオイトトンボ♂
クロイトトンボ♀
クロイトトンボ♀

 が個体数は少なく1時間程探しても数頭しか見つけられなかった。あとそのほかのイトトンボはアオモン、クロイト、モノサシ1羽化を見た。
  1. 2006/05/08(月) 18:17:26|
  2. トンボ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

神山・石井探索

今日は朝、サークルの手伝いで楽器の運搬をしていたので10時頃の出発になった(ちなみにサークルはオーケストラで明日は定期演奏会がある。)ってなわけで出発時間が遅くなったので近場の観察になった。あと今年は大学での研究結果を生かして、ある程度調査する場所を決めている。で今日は神山町と石井町にある池を見てきた。道に迷いながらもなんとか目的の場所に行けたが、どの池も護岸工事はされていないものの、植生に乏しく、しかも例外なくブラックバスがいる(もれなく釣り人つき)のでトンボの種数、個体数とも少なかった。で結局見たトンボ全体でフタスジサナエ、シオヤトンボ、ニシカワトンボ、シオカラトンボだけだった。あと今日はカメラを持ってなかったので写真は無いです。
  1. 2006/05/03(水) 21:36:48|
  2. トンボ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

本格的に始動

高知への長距離運転で疲れていたが、徳島県でのトンボ観察に出かけた。上八万の夫婦池に行こうと思ったのだが、最近憎きブラックバスの影響で池のトンボがあまり見られなくなったので、小松島にある池に行ってみた。到着するなり、多数のフタスジサナエが飛び出し、ホソミオツネントンボも多数産卵していた。また羽化したばかりのトラフトンボ1♂1♀が摂食飛翔していた。そのほかには、シオヤトンボ、ニシカワトンボ、ホソミイトトンボ、アジアイトトンボ、クロイトトンボが見られ、本格的にトンボのシーズンが始まったようである。
ホソミオツネントンボ


その後、前回のリベンジで佐那河内にムカシトンボを見に行ったが、産卵や縄張りは見られず数頭が摂食飛翔をしていただだけだった(やはり今年は遅いですね)。あとそのほかには、ヒメクロサナエ1羽化殻、ニシカワトンボ、ミヤマカワトンボを見た。
  1. 2006/05/01(月) 00:12:16|
  2. トンボ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。