阿波蜻蛉

阿波踊りの国(徳島県)出身の勝虫による蜻蛉観察日記

リベンジ

先日のリベンジで再び東京都の某公園へ。
ここ数日の猛暑で今日はなんとかマルタンヤンマを見ることが出来ました。
今回は三脚を据えて自然光のみで撮影。
マルタンヤンマ♂
マルタンヤンマ Anaciaeschna martini♂
NikonD700+Sigma70-200mm F2.8 II EX DG MACRO

マルタンヤンマ♀
マルタンヤンマ Anaciaeschna martini♀
NikonD700+Sigma70-200mm F2.8 II EX DG MACRO

もう少しピントが欲しいところですね。
スポンサーサイト
  1. 2011/08/13(土) 01:01:44|
  2. トンボ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

また暑くなってきた

ウチワヤンマ
ウチワヤンマ Sinictinogomphus clavatus♂
NikonD80+Sigma15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE
  1. 2011/08/11(木) 22:55:09|
  2. トンボ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

悪戦苦闘

徳島から関東に戻ってきて、少しバテていたのもあり近場でどこかに行こうと悩んだ末、ヤンマのぶらさがりで有名な東京都の某公園へ。
昨年一度だけ行ってみましたが、その時は複数のマルタンヤンマを見る事が出来た場所です。

しかし、今回は中々見つからない。
途中、この公園によくかよわれている職場の先輩のT賀さんに最近の状況を確認しようと電話したところ、なんと現地にいるとの事だったのでさっそく合流して二人で探します(T賀さんは昆虫の専門家なのでトンボにも詳しいのです)。
T賀さんの話によるとここ1週間程は見ていないとの事でした。一番の原因は気温が少し低い事。とはいっても十分に暑かったのですが、ヤンマのぶらさがりがよく見られる条件は35度以上だそうです。この日はそこまで上がらず33度程でした。台風が来る前の7月下旬頃はもの凄い猛暑でその頃は結構見られたそうです(なんとその時はヤブヤンマの3連結という極めてレアな現場にも遭遇したそうです)。また、最近はこの公園自体が有名になりすぎて採集する人も増えてきているそうです。止まっているところを狙われたらひとたまりもありませんよね。

そんな中、ようやくヤブヤンマのぶらさがりを見る事が出来ました。 
ヤブヤンマ♂
ヤブヤンマ Polycanthagyna melanictera♂
NikonD700+Sigma70-200mm F2.8 II EX DG MACRO

しかし、D700の高感度を信用しすぎて1脚でも自然光でなんとかなるだろうと思っていたらなんともなりませんでした。
ピントが合わないので結局フラッシュを炊きます。
D700を持っている意味がねえ。宝の持ち腐れとはこの事です。
T賀さんはこのフィールドに慣れているのでしっかり3脚を据えて撮影されていました。

結局この日見られたのはヤブ3頭のみでマルタンは見られず。
思った以上に悪戦苦闘し近いうちにリベンジしようと決めました。
  1. 2011/08/09(火) 21:39:02|
  2. トンボ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

名古屋サナエ

徳島に戻っている間、少しだけナゴヤサナエの様子も見てきました。
やはりこの時期に戻ればどうしても見たくなる種です。

しかし水面上を飛んでいる個体は少なかった。
ここは胴長を履いて少し探索してみます。
すると…
ナゴヤサナエ♀
ナゴヤサナエ Stylurus nagoyanus♀羽化直後
NikonD700+Tokina AT-X M100 PRO D 100mm F2.8

足元から羽化直後の♀が飛び出しました。
このトンボは発生期間が比較的長いので8月でもたまにこうした羽化直後の個体を見る事が出来ます。
ナゴヤサナエ羽化殻
ナゴヤサナエ Stylurus nagoyanus羽化殻
NikonD700+Tokina AT-X M100 PRO D 100mm F2.8

♂の方は川岸に点々と静止していました。
ナゴヤサナエ♂
ナゴヤサナエ Stylurus nagoyanus♂
NikonD700+Tokina AT-X M100 PRO D 100mm F2.8

しかし、敏捷でなかなか近づけませんでした。

サナエトンボの仲間では人気の高いメガネサナエ属。徳島にいた頃にもっと色々撮影しておけばよかったと少し後悔しています。



  1. 2011/08/06(土) 23:27:37|
  2. トンボ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

徳島県のハネビロエゾトンボ

所要で3日ほど徳島に戻っていました。
少しだけトンボを見に行く時間があったので今回はハネビロエゾトンボを見に行きました。というのも徳島県下における近年のハネビロエゾトンボの記録は摂食飛翔等の偶発的な記録が殆どだったのですが、「市場町にトンボの里を作る会」のY田氏によって、久しぶりに♀や縄張り個体を含む複数個体が確認されたのです。という事でY田氏にご一緒しポイントを案内して頂きました。ちなみにY田氏には徳島に戻る度に最新のトンボ事情を教えてもらっています(笑)。

生息環境は丘陵地の小河川。流れが途切れ、ちょっとした溜まりで見る事が出来ました。
ハネビロエゾトンボ♂
ハネビロエゾトンボ Somatochlora clavata♂
NikonD700+Tokina AT-X M100 PRO D 100mm F2.8

時間が昼過ぎだったので既に縄張り活動は一段落し休止していました。
しかし、こういう所にいるのであればもっとほかにいてもいいのにと思ってしまいます。きっと人の目では分からない色々な要因が効いているのでしょう。

縄張り活動もなんとか見る事が出来ました。
ハネビロエゾトンボ♂縄張り
ハネビロエゾトンボ Somatochlora clavata♂
NikonD700+Tokina AT-X M100 PRO D 100mm F2.8+SB-900

薄暗い場所の狭い空間をホバリングを交え飛んでいました。ハネビロエゾトンボのホバリングは初めて見ますが狭い空間を器用に飛ぶのは見事でした。

ハネビロエゾトンボ♂
ハネビロエゾトンボ Somatochlora clavata♂
NikonD700+Tokina AT-X M100 PRO D 100mm F2.8

しかし、少しするとすぐに近くの枝に止まってしまいます。これは気温の影響が大きいみたいなので縄張り活動を観察するのは午前中がいいようです。


徳島にいた頃は最も生態がよく分からなかった種でしたが、これで少しイメージがつきました。
Y田さん、案内して頂きありがとうございました!
  1. 2011/08/06(土) 22:44:48|
  2. トンボ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0