阿波蜻蛉

阿波踊りの国(徳島県)出身の勝虫による蜻蛉観察日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

リスアカネ推し

リスアカネ♂
リスアカネ Sympetrum risi risi♂
NikonD700+Tokina AT-X M100 PRO D 100mm F2.8

最近、日本産AKB(AKatonB、ちょっと強引か)の中でも、特に推しているのがこのリスアカネ。
以前はなんとも思わなかったのですが最近見つけると妙に嬉しくなります。控えめな感じの体色に、羽のつま黒がなんともチャーミング。さすがにAKBのセンターとまでは言いませんが、トップ5といったところでしょうか。そう、それはまゆゆ的存在…。

今後もどこかで見かけたら出来るだけいろいろな写真を撮っていきたいと思います。
スポンサーサイト
  1. 2011/09/30(金) 00:41:56|
  2. トンボ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

まだ頑張っている

ショウジョウトンボ♂
ショウジョウトンボ Crocothemis servilia mariannae♂
NikonD700+Tokina AT-X M100 PRO D 100mm F2.8

♂縄張り20070718徳島県徳島市.nef
チョウトンボ Rhyothemis fuliginosa♂
NikonD700+Tokina AT-X M100 PRO D 100mm F2.8
  1. 2011/09/29(木) 23:32:31|
  2. トンボ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

道南

ノシメトンボ♀
ノシメトンボ Sympetrum infuscatum♀休止
NikonD700+Tokina AT-X M100 PRO D 100mm F2.8

アキアカネ♀
アキアカネ Sympetrum frequens♀休止
NikonD700+Tokina AT-X M100 PRO D 100mm F2.8

エゾアカゲラ成鳥♂
エゾアカゲラ Dendrocopos major成鳥♂
NikonD80+Ai AF-S Nikkor ED 300mm F4D (IF)

オオハクチョウ成鳥
オオハクチョウ Cygnus cygnus成鳥
NikonD80+Ai AF-S Nikkor ED 300mm F4D (IF)

道南にて。
  1. 2011/09/27(火) 23:02:33|
  2. トンボ・野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東北のトンボ~マダラヤンマ~

オオルリボシヤンマに次いで良く見られたのがマダラヤンマ。
まあ、もともと本種狙いで場所を選定したのである程度いてくれてホッとしたのですが、通いなれた長野県のものと比べると少し行動が異なっていました。
マダラヤンマ♂
マダラヤンマ Aeshna mixta soneharai♂
NikonD700+Sigma70-200mm F2.8 II EX DG MACRO

それは、殆どホバリングをしない事。
時期、時間帯、天候の条件はクリアしていたので絶好のホバリング日和だと思ったのですが、♂は密生したガマの間をせかせかと縫うように飛んでいました。その理由はオオルリボシヤンマの存在。オオルリボシヤンマが完全に制空権を独占していて、たまにマダラヤンマが上空に出てきてもとすぐに追い払われてしまうのです。ルリボシヤンマ属、最大種のオオルリボシヤンマと最小種のマダラヤンマでは体格差は明らか。稀にホバリングをしたとしても、オオルリボシヤンマに見つからないような低い位置で一瞬だけホバリングをしていました。

マダラヤンマ♂
マダラヤンマ Aeshna mixta soneharai♂
NikonD700+Sigma70-200mm F2.8 II EX DG MACRO

単純に静止個体でも撮影するかと思ったのですが、暑い時期に比べると中々見つけづらいものです。

マダラヤンマ交尾
マダラヤンマ Aeshna mixta soneharai交尾
NikonD700+Tokina AT-X M100 PRO D 100mm F2.8

しかし、なんだかんだ言っても最大の収穫はコレ。
今まで相性の悪かった交尾態ですが、今回は♂が♀を見つける場面から見る事が出来たので時間をかけて少しずつ距離を縮める事が出来ました。

東北でのトンボ観察は2年前の福島県以来、
仕事のついでとは言え、それなりに成果をあげる事が出来ました。
  1. 2011/09/24(土) 23:59:43|
  2. トンボ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東北のトンボ~オオルリボシヤンマ~

仕事で東北に行く機会があり、そのついでで少しだけトンボを見てきました。
事前にネットで色々調べて一番楽しめそうな場所へ。

オオルリボシヤンマ♂
オオルリボシヤンマ Aeshna nigroflava♂
NikonD700+Sigma70-200mm F2.8 II EX DG MACRO

一番良く見られたのはやはり北方種のオオルリボシヤンマ。
ちなみに環境は平地のガマが茂るような環境です。関東ではまずこのような環境では見られませんが、ここでは関東でいうところのギンヤンマのように普通に飛んでいました。

♀はあちらこちらで産卵していて、少し近づくとガサガサという音を立てて飛び上がります。
中々、落ち着いて産卵してくれないので近付くのも一苦労。
オオルリボシヤンマ♀産卵
オオルリボシヤンマ Aeshna nigroflava♀産卵
NikonD700+Tokina AT-X M100 PRO D 100mm F2.8

少し周りの草が邪魔ですが、なんとか100ミリマクロで寄る事が出来ました。

オオルリボシヤンマ♀産卵後休止
オオルリボシヤンマ Aeshna nigroflava♀産卵後休止
NikonD700+Sigma70-200mm F2.8 II EX DG MACRO

産卵後はこのように近くの植物に止まり、一休みします。

ルリボシヤンマ属では最普通種ではありますが、今回が初登場のオオルリボシヤンマ。
関東でもいるところにはいるので、もう少し写真のストックを増やしていきたいと思います。


  1. 2011/09/24(土) 23:59:39|
  2. トンボ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。