阿波蜻蛉

阿波踊りの国(徳島県)出身の勝虫による蜻蛉観察日記

キイロヤマトンボを求めて~その②~

キイロヤマトンボの羽化探索2日目、初日同様6時から探します。
最初に目につくのはやはりヒメサナエでした。そこそこ背景の綺麗なところで羽化をしてたのでついつい撮影してしまいます。
ヒメサナエ♀
ヒメサナエ Sinogomphus flavolimbatus♀羽化
NikonD700+Tokina AT-X M100 PRO D 100mm F2.8

次に目についたのはこれ
アオハダトンボ♀羽化
アオハダトンボ Calopteryx japonica♀
NikonD700+Tokina AT-X M100 PRO D 100mm F2.8

まだ羽化してんのかと思いましたが、アオハダトンボの羽化は撮影した事がないので、ついつい撮影してしまいます。
途中、アオサナエが産卵にこないかな~と少し期待したりして、今思えば、少し諦めていたのかもしれません。
そんなこんなで8時になってしまいました。
キイロヤマトンボ羽化殻
キイロヤマトンボ Macromia daimoji羽化殻

やっちゃいました。
この場所は昨日隈なく探した場所です。見落としたはずがありません。なのにこうやって羽化殻があるという事は早朝に羽化を完了し既に飛び立ってしまったのです。確かにこの日は天気も良く気温もそこそこ上がっていました。完全に読みが甘かったです。変に寄り道をしなければもしかしたらぶらさがっている個体を見られたらかもしれません。その後も明らかにこの日の朝に羽化したと思われる羽化殻を1つ見つけてしまいました。

キイロヤマトンボの羽化を見つけるためには(今回の教訓)
1.朝は少しでも明るくなったらすぐに探し始める事(4時半くらいから)
2.途中、浮気心を持たない事、ただし超レアな現場(アオサナエやコヤマトンボの交尾)は除く
スポンサーサイト
  1. 2011/06/05(日) 21:16:26|
  2. トンボ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<普通種の羽化 | ホーム | キイロヤマトンボを求めて~その①~>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://awatonbo.blog64.fc2.com/tb.php/105-1d340610
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)