阿波蜻蛉

阿波踊りの国(徳島県)出身の勝虫による蜻蛉観察日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

新潟遠征~魅惑のアオヤンマ~

最も、アオヤンマの個体数密度が高いという池へ。
着くなり多数のアオヤンマがマコモの間を縫うように飛んでいました。
久しぶりに採集してみて少し写真を撮らせてもらいます。
アオヤンマ複眼
アオヤンマ Aeschnophlebia longistigma複眼
NikonD700+Tokina AT-X M100 PRO D 100mm F2.8

やはり、この複眼は本当に綺麗ですね。
マルタンヤンマやマダラヤンマとはまた違う魅力があります。

そんなこんなしているうちに♀が産卵場所を求めてふらふら飛んできました。
しかしそこには多数の♂がひしめき合っています。案の定、♂に見つかりそのチャンスは思ったより早くやってきました。
交尾20110716新潟県柏崎市
アオヤンマ Aeschnophlebia longistigma交尾
NikonD700+Sigma70-200mm F2.8 II EX DG MACRO

まさか、こんなに早く思い描いて通りの絵(青々とした抽水植物に溶け込むようにして交尾を行う場面)を撮れるとは思いませんでした。確かに半端ないですね。
この後も多くの交尾態を見ることが出来ました。多くの場合は交尾態になってから少し離れた樹林の枝に止まるのですが、たまに射程圏内に入ってきてくれます。
アオヤンマ交尾
アオヤンマ Aeschnophlebia longistigma交尾
NikonD700+Sigma70-200mm F2.8 II EX DG MACRO

結局、目撃した交尾態は10組程。ピークは過ぎているのにこの個体数は本当に半端ないですね。
ただ、産卵はあまりにも♂の密度が高いのでこちらが見つける前に連れていかれてしまいました。しかし、当初の目標は達成する事が出来たので満足です!


そして、今回もY本氏のところに泊めせて頂きたくさんごちそうになりました。
Y本さん、本当にありがとうございました。
来年はアオヤンマの羽化も兼ねて、オオトラフの時期にまたお伺いしたいと思いますのでよろしくお願いいたします!!

スポンサーサイト
  1. 2011/07/16(土) 17:26:05|
  2. トンボ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<徳島県のハネビロエゾトンボ | ホーム | 新潟遠征~Y本氏は今~>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://awatonbo.blog64.fc2.com/tb.php/116-195e6724
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。