阿波蜻蛉

阿波踊りの国(徳島県)出身の勝虫による蜻蛉観察日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

奄美・沖縄遠征その1~あまみ~

いやあ~、台風が接近したりと結構はらはらしてたのですが、かなり楽しかったですね、奄美・沖縄!6泊7日と長い遠征だったんですがあっという間でした。では、その様子を紹介します。

で、初日は朝7時のバスに乗り、それから電車、モノレールと乗り継ぎ大阪国際空港に到着。そこで今回この遠征に誘って下さった高知のN岡さんと合流しました(N岡さんには今回、旅費の面でもそのほとんどを負担して頂きました。今回っていうか毎回そうか、ありがとうございました!)。ちなみにN岡さんは今年で82歳だったかな?でも、まだまだ元気ですね、髪もふさふさだし。で、定刻通り13時半に奄美に到着。奄美に着いて最初の感想はやっぱりアツいですね。なんか日射しが強かった。その後、すぐにレンタカー(ちなみにスズキのスイフト)を借りて目的の大和村に向かいました。島だからあっという間に着くだろうと思っていたんですが標識を見ると70km近くある事が判明。かなり大きいんですね奄美って所は。あと途中通った名瀬市が意外に街でツタヤやミスドとかあったので少し驚きました。でも、まあ南国らしく田んぼよりさとうきび畑が目につきましたね。で、コバルトブルーの海が見える海岸線の道を走りながら大和村の到着、一応、採集が禁止されている場所もあるので事前に役場に寄り採集の許可を得た後、もう夕方でしたがとりあえず下見をしておこうという事でポイントを回ってみました。で、川沿いの道を上がっていくとさっそくなんか飛んでる!車を走らせながら確認してみると、おっ、ミナミの♀だ!羽の前縁にはっきり黒い帯が入ってました。で、まあ撮影もしたかったのですがそれより採りたいという気持ちが強かったのでさっそく網を取り出しました。N岡さんが横で「ゆっくり振ったら振りはずしても逃げへん」と言っていたので、とりあえずゆっくりゆっくり、思いっきり振ってしまいました。で、勢いよく逃げられてしまいました。ああ、力みすぎた~。横でN岡さんが「なにやってんねん!」の一言。まあ、N岡さんいわく最初はたいていみなさんそうなるらしいです。と、へこんでいると新たに♀が飛んできました。今度は落ち着いてなんとか奄美初のトンボをゲットしました。やはり翅が黒いミナミは綺麗ですね。その後は川沿いでリュウキュウハグロ、アマミルリモントンボを確認し、池でリュウキュウギンヤンマを見る事が出来ました。で、とりあえず早目に宿に入り、体を休め明日に備えました。
スポンサーサイト
  1. 2006/07/03(月) 20:55:25|
  2. トンボ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<奄美・沖縄遠征その2 | ホーム | 寝坊>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://awatonbo.blog64.fc2.com/tb.php/22-4b015282
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。