阿波蜻蛉

阿波踊りの国(徳島県)出身の勝虫による蜻蛉観察日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

帰郷(南方系のトンボ)

 徳島に帰郷していました。久しぶりの徳島県記事です。
 目的はベニトンボです。このトンボは徳島で初めて発見した2007年には私が見た個体を含め、2♂が確認され、その翌年には♀を含めて複数の個体が確認されました。そして今年は「市場町にトンボの里を作る会」のY氏により、羽化も確認された事から定着している事が明らかになりました。
 ベニトンボ自体は、沖縄や奄美ではたくさん見れますが、徳島で見る事に価値があるという事で思い切って帰郷してみました。
 あと、もうすぐ還暦を迎える親父もついてきました。

 とはいえ、最初はまず例の休耕田にネアカとコフキヒメイトを見に行きました。
コフキヒメイトトンボ♂
コフキヒメイトトンボ♂

コフキヒメイトトンボ♀(羽化直後)
コフキヒメイトトンボ♀(羽化直後)

 コフキヒメイトトンボも初めて発見した2005年に比べると生息エリアが広がったような気がします。発見当時は、沼の縁の一部にしか見れませんでしたが、今回は田んぼ横の水路でたくさん見ることが出来ました。ネアカは10匹程が摂食飛翔していました。

 そして、今回の目的であるベニトンボの場所に移動しました。場所はY氏に教えていただきました♪
環境はこんな感じ↓
ベニトンボ生息環境
ベニトンボ生息環境

 海岸近くの溜池で若干、海水も混ざっているようでした。
目的のベニトンボは縄張りを張っている個体をすぐ見つける事が出来ました。
ベニトンボ♂
ベニトンボ♂

ベニトンボ♂
ベニトンボ♂

 ♂は10匹以上いたと思います。♀も産卵している個体を見ることが出来ましたが、残念ながら写真は撮れませんでした。ちなみに♂が警護するタイプでした。羽化殻も探しましたが、確認できず。ただ、♂は少し翅が傷んだ老熟の個体が多かったので、これから2化目が羽化を始めるのかもしれません。

 難なく目的を達成した後はどこに行こうかと迷いましたが、ここはやはりこっちでしか見れないトンボを見ようと時期が少し遅いですが、ミナミヤンマの産卵待ちをしました。が、残念ながら見ることが出来ませんでした。その代り、シコクトゲオトンボを見ることが出来ました。名前の通り唯一の四国特産種なのでこっちでしか見れないトンボです。
シコクトゲオトンボ♂
シコクトゲオトンボ♂

 その後は徳島市内に戻る方向で途中、小松島でベニトンボと阿南市でオオギンヤンマを探しましたが残念ながら見つける事は出来ませんでした。ただ、オオギンヤンマも2005から2007年の間には複数個体を見ていますし(特に2005年は多かった。加えてにアメイロトンボも複数確認)、今回狙っていたトンボは南方系のトンボが殆どであった事から、やはり、関東に比べるとトンボ相も若干異なるなと思いました。
スポンサーサイト
  1. 2009/07/18(土) 16:36:56|
  2. 徳島県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<北海道(道東)遠征 | ホーム | 尾瀬・日光遠征>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://awatonbo.blog64.fc2.com/tb.php/86-53514993
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。